トラファーゲン・ギターで使われている材料やパーツを紹介します
オーダーメイドをご希望の方はこちらを参考にして下さい


      トラファーゲン・ギターに使用される木材の紹介と音響特性について


ヨーロッパ松材による表面板

ヨーロッパ松
澄み切った高音部に特徴があり、多彩な音色を作り出す表面板用木材。経年変化で音色は暖かく且つリッチに熟成する。
トラファーゲンは「あらゆる木材の中で最も洗練された音色」であると言及している。
イングルマン・スプルース(松:アメリカ産)
ヨーロッパ松に似た特徴を持っているが、立ち上がりが速く、ライブな音場を作り出す。 音色のバリエーションは、ヨーロッパ松よりも落ち着いた基調。経年変化による音色の変化も楽しめる。

米杉材による表面板
米杉
音量の最も豊かな表面板用木材。長い余韻と暖かい音色は、演奏者にとても心地良く響く。遠達性は松ほどではないが、設計によっては大きなホールでも十分響かせることが可能な材料である。
 
ハカランダ (ブラジル産ローズ・ウッド)
ギター側裏板用の最高級木材と言われている。他のローズウッドにはない明瞭さやヌケの良さ、同時に暖かく甘いトーンを併せ持ち、最も洗練された音色を出す木材である。現在は伐採が禁止されている木材であり、トラファーゲンは以前から寝かしている材の他に、アンティーク家具などから良材を収集しているとのこと。トラファーゲンがストックしているハカランダの質は、現在トップクラス。
ホンジュラス産ローズ・ウッド
ハカランダより安価で、音色が近い唯一の良材として知られる。ハカランダと同様の抜けの良さと甘さをキャラクターとして持っているが、若干重いサウンドになる。
東インド産ローズ・ウッド
最も一般的でギターサウンドの基本を成す木材として普及している。「上記2つのローズウッドと比較をすると、音色のバリエーションに欠ける。特に米杉とのコンビネーションで顕著である。」とトラファーゲンは言及している。しかし、鳴りの良い素晴らしい材であることは間違いない。

(4ピースの場合)

シープレス (スペイン産糸杉)
フラメンコ、クラシック共にマッチする素晴らしい側裏板用木材。音のヌケが良く独特の乾いたトーンを持っている。ローズウッド系の木材に比べるとかなり軽量な材料で、音の立ち上がりが速く、余韻は短いが遠達性に優れる。早弾きや、ポリフォニーな音楽で各音を明確に表現できる素材。トラファーゲンにとって、ハカランダの次に好きな素材だとのこと。
Tuners/糸巻き
Sloane Classical Machines
『スローン』


トラファーゲン・ギターのスタンダードパーツ


 アメリカ製で、工作精度、仕上げの美しさ共にレベルの高い糸巻き。
 操作時の感覚はとても滑らかであるが、しっかり手応えを感じるタイプ。ギヤ比が16:1であることも手伝って、チューニングの際の「あと少し」というところにこだわれる糸巻きである。
 各部品の精度と堅牢性、取り付け用ネジに至るまでの仕上げの美しさ、トラファーゲンがチョイスした、プロのためのスタンダートとしてふさわしい糸巻きである。
Graf Tuners
『グラフ』


 トラファーゲン・ギターのプレミア・パーツ


 カナダ製で、工作精度、仕上げの美しさ共に最高レベルの糸巻き。近年確固たる地位を築いている。
 グラフ社は、糸巻きの専門メーカーとして様々なデザインを提供している。左の写真はカスタム品で、ノブにスネークウッドと言う斑模様が美しい貴重な木材が使用されている。
 グラフ社の糸巻きは、他社の高級糸巻きと比べて軽く、メインプレートは美観を損なわずに軽量化を達成している。これは、木材の鳴りを最大限に活かし、楽器の鳴りに貢献している。
 ギヤ比は16:1で緻密なチューニングができる。また、操作感は非常に軽く滑らかで、そこが人気の理由でもある。毎回のチューニングが楽しくなる_と言っても過言ではない真のプレミアム糸巻き。


ロゼッタ
「ロゼッタ」の一例
バール材などの木材の美しさをフィーチャーしたデザインが特徴的
一番右は、スペインの古楽器を意識した伝統的な寄木細工のデザイン
オリジナリティ溢れるモダンなデザインのロゼッタを製作している


ブリッジ
 全てのギターに、ハカランダ材によるブリッジを採用している。無塗装で軽量に仕上げられたブリッジは、振動を妨げずに豊かな音量を獲得している。
 サドルの各弦間には溝が掘られていて、弦振動が必要以上にお互いに干渉しないような工夫がされている。クリアな響きを信条とするトラファーゲンならではの気遣いである。
 弦を止めるテイルピース部分は、ダブルホール構造になっていて、弦のテンションを稼ぎ、音量と立ち上がりの良さに貢献している。(ダブルホールを使わないで従来通りの弦結びで使用することも可能)
ブリッジ・テイルピースの一例



Copyright 2010 Yoshizumi Guitar Academy
吉住ギター&スペイン語教室