フェンダー系ギター&ベースの弦交換方法

エレキ・ギター、ベースでは市場に一番出回っているFender(フェンダー)系楽器。
楽器としての完成度が高く、また量産しやすい構造の為、あらゆるメーカーが
レプリカや、その亜種を生産しています。

そのフェンダー系で採用されている縦穴式の糸巻きへの弦装着方法を
ジャズ・ベースを例にとって紹介します。

まずは弦を外してゆきます

 弦を外す前に自分の楽器をゆっくり観察しておいて下さい。

ジャズベースのヘッドです。

 このように、縦に切れ込みの入ったストリング・ポスト(弦を巻きつける支柱)が特徴です。

 さらにテンション・バーやテンション・ピンと呼ばれる部品がヘッドにネジ止めされていて1・2弦はこの丸い部品の下をくぐって糸巻きに固定されています。この部品は弦を押し下げながら弦のテンション(張力)をかせぎ、各弦ごとの弾き心地を均一化する役目を持っています。


それでは弦を張りましょう!

ジャズベースの場合
ブリッジに弦を通します。


(豆知識)
弦を袋から出すと、大抵は丸まっていますので丁寧にほどいて下さい。そうしたら、弦ができるだけ真っ直ぐになるように何度か縦にしごいてやると良いです。音の伸びや、チューニングが安定します。


弦の長さを調整します

4弦の交換をしています。たるみがなくなるまで弦を通し、取り付ける糸巻きの2つまたは3つとなりの糸巻きの距離で弦をつまんで下さい。そこで弦を折り曲げて切断していきます。 注:糸巻きによっては1つ分で良い場合もある。
これは私が愛用している「DR」という弦メーカーのパッケージに封入されている注意書きです。弦を折り曲げてから切断するように書いてあります。こうしないと弦の性能が切断直後に低下するのです。
 ペンチを使い、弦を曲げます。


弦を糸巻きに固定していきます

弦を折り曲げたら1センチ5ミリほど先を残して切断します。この折り曲げた先端を糸巻きの中に差し込んでいきます。もし長さに不安がある場合は切る前に右の写真のように実際に差し込んでどれだけ弦が中に入るのか確かめておくと良いです。
弦の先端をストリングポスト中心の穴に差し込みます。このときにペグ(ハンドル部)を回し、この様に溝が横になるようにします。
そうするとこのようにストリング・ポストの側面に合わせて弦を曲げて、弦がナットの方向に向くように作業が簡単にできます。


巻き上げて出来上がり

あとはただひたすら弦を巻き上げていきます。弦が巻き取られる方向とペグを回す方向を確認しながら行って下さい。手で弦を押えているのは、弦が弦の上をまたがないようにするためです。たえず下の方向に弦が巻きつけられるようにして下さい。
こちらが全ての弦を交換した後の様子。
 この楽器だと4弦にテンションが欲しいので、4弦のみ糸巻き3個分の距離で弦を切り、あとは2個分です。ご自分の楽器で試される場合の目安として下さい。何度も弦を張り替えるうちに感覚が身につくと思います。
 ギターの場合
(豆知識) 巻き取る弦の長さが変わると、ストリングポストに巻きつけられる回数が変わります。よってナットから糸巻きへの弦の進入角度が変わり、テンションに変化が現れます。巻き数が増えるとテンションが増え、巻き数が減るとテンションも減ります。1・2弦はテンション・ピンがあるのでその逆となります。

弦を張るときのコツは「真っ直ぐ、あそびが無い」です。

ギターのチューニングをしましょう!

弦が細い←→弦が太い
4弦ベース

1弦

2弦

3弦

4弦

G

D

A

E


ギター

1弦

2弦

3弦

4弦

5弦

6弦

E

B

G

D

A

E

上のアルファベットをクリックすると正しいチューニングの音が聴けます。
(各430KB、非圧縮モノラルwavファイル 使用チューナーBOSS TU-12H)


アルファベット←→ドレミ 対応表

C

D

E

F

G

A

B

ファ



弦交換は月に一度、少なくとも二ヶ月に一度は行いましょう!


当教室では、ギター演奏と製作理論に明るい講師が専任で指導を行います。
ソフトとハードの面から最も理想的な形でギターを勉強することができます。

教室紹介ページへ→進む

「はじめてのレッスン」へ→戻る