こちらの写真をご覧ください

Wikipediaより

 クラシックギターの父と呼ばれる フランシスコ・タレガ(スペイン 1852~1909)です。世間では、ギターを弾くには握力が必要と思われる傾向があります。しかし、この歴史的なギタリストはいかがですか?姿勢は脱力し、怪力でギターを弾いているようには到底思えません。
 私は 「ギターが上達しない原因」をずっとレッスンを通して考えてきました。そしてその原因は「猫背」という結論に至りました。

「猫背でギターを弾いたら健康寿命は短くなる。だから…」
 猫背でギターを弾くと、頭から首にかけてはストレートネックとなり、肩が上がって指先は力んでしまいます。そんな悪い姿勢でギターを弾く人たちは、肩こりだったり、冷え性に腰や膝の痛みなどを持っていることが多いです。「猫背」のままギターを弾いてしまったら、これらの症状はますます悪化してしまいます。大変危険です。
 私は理想的なギター演奏法を求めて解剖学からスポーツ運動学、理学療法士の医学系教科書など、様々なジャンルを調べてみましたが、有益な情報はあまりありませんでした。しかしある日、たまたま手にとった宮本武蔵の「五輪書」に私は衝撃を受けました。

「 首筋を伸ばし、うなじに力を入れ、肩から全身に気を回し、両肩は自然に垂らし…」五輪書 水之巻 兵法の身なりの事

 ここには上のタレガの姿勢の全てが書かれていました。タレガや武蔵が至った境地は、空想でもオカルトでもありません。彼らの足跡を辿ることが上達の近道であり、健康寿命を伸ばすコツだったのです。
 健康の秘訣とギターの上達が等しくなった時、私達は安心してギターを練習することができます。しかし年月を経て染み付いた姿勢を改善するのは誰にとっても大変です。でも心配ご無用。とっておきの簡単な方法をアドバイスします。

「全ては良い音を出すために!」好奇心をいかに育てるか
 レッスンは教科書に沿って進めていきますが、「整体」「テクニック」「音感」の3つを重点的に指導します。どれか欠けても上達は偏ってしまいます。正しい姿勢を手に入れることで意識や感覚が冴え、テクニックの練習に精度が出ます。音感は心身にバランスをもたらし、同時実行を司る高次脳を開発します。これらを守って練習することでギターの音が変わってきます。音の立ち上がりが速くパンチがあり、透明感を持ちながらも深みのある音が出ます。いくら演奏を聴いても耳疲れしません。猫背でギターを弾けば、スローな立ち上がりで音の芯は無く鈍いか、腰の座らない浮ついたノイズの多い音となり、いくら指が動いてもフレーズに説得力が無く、しばらく聴いていると耳が痛くなります。

ギターが人生を豊かにしてくれる
 以上に説明したギターの伝統奏法ですが、実は2020年現在ほぼ失われているといった状況です。試しにYouTubeで一流と呼ばれる演奏家の動画とタレガの姿勢を見比べてください。背筋が良かったとしても指先の脱力や角度など、何かが違うのに気がつくと思います。これは体型の違いではなくテクニック、「整体法」の違いなのです。私のギターの師匠「ホセ・ルイス・ゴンザレス」は、タレガの孫弟子にあたります。私はタレガと日本史上最強の侍と言われる武蔵に共通点を見出し、このタレガ伝承の演奏スタイルを「タレガの最終定理」と名付けました。スペインの伝統的なギターを練習しながら心身に健康をもたらすメソッドです。こんな私と一緒に音楽を楽しみませんか?!

 スペインの伝統奏法に興味を持って頂けたら、ぜひ体験レッスンにいらしてください。ギターの音が好きなら誰でも才能アリ、有資格者です。お越しをお待ちしております。

体験レッスン申込みはこちら
https://yoshizumi-guitar.com/taiken/