「ギターが上達しない最大の問題は?」
私が教室のスタート時からずっと考えてきたのは、 「ギターが上達しない原因は何なのか?」ということでした。大先生方から習った奥義は包み隠さず伝え、生徒さんも真面目に通って練習してくれる。それなのになかなか上達が見えてこない… ずっと研究を続けた結果、確信したのは「猫背」という結論でした。

こちらの写真をご覧ください

Wikipediaより

 クラシックギターの父と呼ばれる フランシスコ・タレガ(スペイン 1852~1909)です。世間では、ギターを弾くには握力が必要と思われる傾向があります。しかし、この歴史的なギタリストはいかがですか?姿勢は脱力し、怪力でギターを弾いているようには到底思えません。

「スポーツ的な筋力トレーニングではギターは下手になる」
握力を使わずにギターを弾く方法を求めて、 思いつく限りの分野の本を読みました。スポーツ運動学から柔道整復師、理学療法士の教科書など、様々なジャンルを調べてみましたが、納得できる情報はありませんでした。しかしある日、たまたま手にとった宮本武蔵の「五輪書」に私は衝撃を受けました。そこでわかったのは、<良い姿勢が達人を作る>ということです。武蔵自身がこの五輪書で、力やスピードに頼った剣術を否定する様に、「ただ筋肉を太くする」というスポーツやジムでやりがちなトレーニングでは、身体動作の質は向上しないのです。

「達人の道は放鬆と勁力がカギ。無駄のない動きが良い音を作る」
脱力しながらも体には芯が通り、筋肉ではなく骨への意識で力を得る。 中国武術には、これらを可能にする放鬆(ほうしょう)と勁力(勁力)というテクニック・概念があります。これらがまさに無駄がなく力強い動きの核心なのです。そしてこの無駄のない動きこそが、ノイズのない本当のギター音色を引き出すのです。故にこれら2つの技術は、ギターの基本として最も深いところにある最重要技術であると考えます。
レッスンで得た知識とあわせて、「もっときれいな音を聴きたい」という好奇心・向上心を普段の所作に向けてみてください。段々とギター演奏に必要な身体のしなやかさを獲得できます。それらが良い姿勢・動作を作り、 タレガのように脱力してギターを弾く道筋を作ってくれるのです。

まずは以下の動画を御覧ください。 ギターの根本的な上達には具体的な方法があることがわかります。 そしてもし私のコンセプトに興味を持って頂けたら、ぜひ体験レッスンにいらしてください。誰にでも門は開いています。皆様のお越しをお待ちしております。