Wikipediaより

スペインでは、ギターと日常生活は同一線上にあった…

 この写真のギタリストは、クラシックギターの父と呼ばれる フランシスコ・タレガ(スペイン 1852~1909)です。「アルハンブラ宮殿の思い出」や「アラビア風奇想曲」など、美しいギター曲をたくさん残しました。

 すっと伸びた彼の指先をご覧ください。握力を入れているというよりは、脱力した肩から指先へと「気」が流れ伝わるような手つきが見てとれます。私はこの写真を見て、ギターは力で弾く楽器ではないことに気付かされました。今日、我々はインターネットで多くのギタリストの演奏動画を見ることができますが、タレガのような姿勢でギターを弾くギタリストは現在ほとんどいない状況です。

 そこで疑問が発生します。握力を使わない弾き方は本当にあるのでしょうか?私はタレガの演奏法とギターが上達しない人の間には関連性があると思い、長年研究してきました。そこでわかったのは、タレガの姿勢にはちゃんとした意味があること、逆に言えばギターが上達しない一番の原因は、姿勢を気にしない「猫背」にあるということです。

音楽で心身を活性化させるには?

 世間では、楽器演奏で指先を使うことは脳を活性化し、お子様なら情操教育に、大人なら認知症の予防に効果的であると言われています。しかし本当に誰もがその効能を実感できるのでしょうか?実は姿勢に大きな秘密があると私は思っています。姿勢が良いことは注意力が長く続くこと、体の使い方を正しく理解していることの表れです。猫背は一見楽な姿勢ですが、実際は体を緊張させ、余計な握力を生み、柔軟性のない手を作ってしまいます。この様に姿勢に意識のないギターの練習を続けていたら、上達しないばかりか逆にギターで健康寿命を縮めてしまいます。ゆえに、タレガのような正しい姿勢に基本を置いた伝統奏法を実践することが大変重要なのです。

「全ては良い音を出すために!」好奇心をいかに育てるか

 実は私も父親譲りの猫背でした。母親やまわりの友人からも姿勢のことをよく注意されました。本格的なジムに通ったこともあります。しかし今言えることは、筋トレでは良い姿勢にはなれないということです。幸いなことにタレガを手本とし、「ギターで良い音を出したい!」という気持ちをキープできたことで猫背克服の光明が見えたのです。

 そんなギターを楽しみながら姿勢をよくし、QOLを向上させるレッスンの肝は、「整体」「テクニック」「音感」の3つです。音は嘘をつきません。これらの要素が機能する時、必ず音色に変化が出ます。まずは誰でも知っている簡単な曲を練習しながらギターに慣れ、体をほぐすエクササイズと、姿勢が良くなる動作を学んでいきます。効果はすぐに「良い音」というかたちになってあらわれます。そんな音やギターの不思議に好奇心を持ち続けることが、QOLの向上、ギターの上達につながるのです。

20C初頭グラナダのロマの若者たち。この姿勢・体幹がフラメンコの伝統を作った。

ギターが人生を豊かにしてくれる

 ギターの音が好きな人は才能がある人だと思います。上達できないのは理由があります。そこはプロに任せてください。皆さんの観察力をいつもとはちょっと違う場所に振り向けるだけで上達の好循環が得られるはずです。タレガは別にスポーツマンではありませんでした。私はこの誰でも実践できるギターの習得方法を「タレガの最終定理」と名付けました。ギターの本当の音色を楽しみながら心身が健康になるメソッドです。
 ありがたいことに、近年は私が提唱するスペインギター伝統奏法と武道の身体操作に共通性が認められ、武道系専門誌「月刊秘伝」にも何度か登場させて頂いています。ギターはとても大衆的な楽器ですが、正しいギターの演奏法には、武道と比肩できるくらいに身体への深い洞察があり、また洗練された動作があるということが証明されたのではないでしょうか。

 スペインの伝統奏法に興味を持って頂けたら、ぜひ体験レッスンにいらしてください。手が硬くても、音楽経験がなくても、ギターの音が好きなら才能アリ、資格者です。私と楽しくギターを弾きませんか?

体験レッスン申込みはこちら
https://yoshizumi-guitar.com/taiken/