「木を見て森を見ず」
という格言をご存知ですか?ギターで言い換えれば、「指先を見て全身を見ず」ということになります。私が教室のスタート時からずっと考えてきたのは、 「ギターが上達しない原因は何なのか?」ということでした。あれから何年もの時間が過ぎていき、日々のレッスンから確信したのは、「猫背」という結論でした。

こちらの写真をご覧ください

Wikipediaより

 クラシックギターの父と呼ばれる フランシスコ・タレガ(スペイン 1852~1909)です。世間では、ギターを弾くには握力が必要と思われる傾向があります。しかし、この歴史的なギタリストはいかがですか?姿勢は脱力し、怪力でギターを弾いているようには到底思えません。
 しかし、古典ギターを意味するクラシックギター業界でも、実はタレガの姿勢を説明できる人はいないのです。(私は海外の有名音大教授の通訳を沢山しています)また、タレガ本人に習った当時の弟子達ですら、この姿勢には遠く及びません。それは私がプロだからわかるのではなく、アマチュアである私の生徒さんでもわかるくらいの差があるのです。 ギター業界は、長年この大きな謎を放置してきました。

「スポーツ的な筋力トレーニングではギターは下手になる」
そこで本当に良い姿勢とは何かを求めて、 スポーツ運動学から医学書(家内は正看護師です)や柔道整復師、理学療法士の教科書まで調べてみましたが、納得できる情報はありませんでした。しかしある日、たまたま手にとった宮本武蔵の「五輪書」に私は衝撃を受けました。そこでわかったのは、<良い姿勢は境地である>ということです。ですから、良い姿勢は、病気を対象とした医学書やスポーツの一般向けノウハウ本で扱えるテーマではそもそもなかったのです。

「整体なくしてギターの上達なし」
タレガの姿勢を調べていくうちに、それは日本古武術のように万物と和合する「術理」だったり、 中国武術のように「陰陽」の発想で体を動かすことと同列であることがわかりました。一見オカルトがかったこれら先人達のノウハウは、時空を超え、人の生死を見つめた言霊、祈りとして我々の体を芯から動かし、全身をつなげていくのです。

「ギターでQOLを上げ、健康寿命を伸ばす」
武術と違い、我々が扱うのは楽器です。人と違ってギターは裏切りません。自分を信じて正しく練習すれば、自然と整体に向かい上達し、タレガのようにギターを弾けるのです。まずは以下の動画を御覧ください。 ギターの根本的な上達には具体的な方法があることがわかります。 そしてもし私のコンセプトに興味を持って頂けたら、ぜひ体験レッスンにいらしてください。誰にでも門は開いています。皆様のお越しをお待ちしております。