雑司が谷音楽堂

「ギターで日常が楽しくなる」を応援します!

楽器演奏の習慣ができれば、ストレスや不安解消だけでなく、姿勢改善や、お子様の情操教育等、役立つことだらけです。しかも音楽は身についてしまえば一生ものです。教室に通うとどんな変化があるのでしょう?上達への3つのステップを紹介します!

その1「構え」と「メロディ演奏」 入門~3ヵ月

 最初の数時間のレッスンがとても大切です。まずは自宅で弾けるレンタルギターで練習を始めてください。レンタルギターは入会金に含まれているので、毎月別途に徴収されることはありません。ギターの購入は3ヵ月~半年後くらいがお勧めです。弾きたい曲のレパートリーを知り、自分に似合う楽器の見極めができるようになってから購入しましょう。レンタルギターで練習している間に予算も確保されると良いです。

 生徒さん一人一人の姿勢や手の具合を把握し、ギターの正しい構えを指導します。椅子への座り方、右手・左手の使い方など、伝統奏法に沿った指の使い方を学びます。体がかたい方や手が小さい方も心配いりません。サイズの合った楽器で受講できます。

 課題曲は童謡などを中心とした曲の「メロディー」です。使う指は一本のみで、誰でも演奏が可能な課題に取り組みます。同時にギターの調弦方法や楽譜の読み方を習います。どんな初心者にもやさしく丁寧に指導します。脱落者を出さないシステムです。

その2「伴奏」と「メロディの拡張」 3ヵ月~半年

 「メロディ」の練習で指がほぐれてきたら、コード(和音)を押さえて分散和音(アルペジオ)の練習に入ります。1本指での押さえから3本まで指を同時に使うようになり、テクニック的に大きな飛躍があります。このころになると、練習を聴いているご家族や友達から「ギターらしくなってきたね」と言われる頃です。課題曲は誰でも知っている歌の伴奏部分です。

 同時に使用する音域を広げていきます。2オクターブ以上の音域が扱えるようにします。今まではメロディが低音域でしたが、いよいよ聴こえの良いオクターブ上での演奏になります。このころになると1冊目の教科書を終了します。

 この時期はテクニック的に大きな飛躍があることから、つまづいてしまう生徒さんもいます。しかし心配はいりません。20年の指導経験がある吉住先生からはギターに必要なフィジカルが整うエクササイズを入門時から教えてもらえます。(吉住先生は本格的な武道業界紙「秘伝」に記事を書けるくらい体に詳しいです。)備えあれば患いなしです。

その3「ギターソロ」へのステップアップ 半年~1年

 2冊目の教科書からは、徐々にギターソロを演奏するための練習を行います。 課題曲も単純なものからクラシックギターの練習曲まで幅広いジャンルになります。ギターソロでよく使われるテクニックをひとつずつこなすことで、楽譜の読み方に慣れ、あらゆるジャンルに対応できる基礎力を磨きます。ギターを始めて一番楽しく練習できる時期です。

 ポピュラー音楽が弾きたい生徒さんは、このころから自由な選曲でレッスンを行います。先生とのアンサンブルも楽しめます。本格的なクラシックギターを勉強したい生徒さんは「カルカッシギター教則本」へと進み、ルネッサンスから現代へと続く西洋音楽のレパートリーを勉強できます。

練習が習慣になれば小学生でもバッハが弾けてしまいます

大手音楽教室では真似できない生徒各自にあったレッスンを約束!

  • 先生が変わらないので安心。先生が生徒の状況や上達を把握している
  • コース分けがない。全てのギター(エレキ、アコギも)OK、楽譜があれば全ジャンルOK。昇級による値上げもなし。安心してレッスンを継続できます。
  • ギターの専門家による指導(大手教室ではピアノの先生が担当することもあります)
  • 押し売りなし(大手教室は先生にノルマがあります)
  • 入学時に即日楽器をレンタル可能
  • レッスン料のお支払いは手軽な月謝制(前納制)
  • 無理のない発表会(年に1回、自由参加。参加費は10,000円 DVD制作費込み)

    親子ギターレッスン 学生個人レッスン 大人のギターレッスン スペイン語個人レッスン

まずはここをクリックして体験レッスンをご予約下さい!